title

結婚式の招待状に寿切手

結婚式の招待状を送ったり受け取ったりしたことのある方はご存知かと思いますが、慶事で使用する寿切手と言うものがあります。
招待状を送る封筒には82円、中身により重くなる場合は92円、返信用ハガキには52円の切手を使用します。図柄は全て扇モチーフの和風なものになっており、扇部分に92円が松、82円が竹、52円が梅の絵が描かれています。平成26年4月1日の郵便料金の改正に伴い、寿切手も今のデザインとなった為、まだこれらのデザインに馴染みが無い方の方が多いかもしれません。
ちなみに、料金改正前は、90円が鶴に松竹梅の和風、80円が白抜きの寿の漢字の周りが虹のようなカラフルなもの、50円がピンク地に白いハトとハート模様のデザインとなっており、こちらの方なら見覚えがある方も多いでしょう。
結婚式の招待状は必ず寿切手を使用しなければならないと言う決まりはありませんが、日常生活では滅多に使用できませんし、やはり相応しい切手を使用するのが一番ではないでしょうか。

 
切手買取のススメ | 役立つ情報をギュッと凝縮!